RECOMMEND

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
メン・イン・ブラック3
JUGEMテーマ:映画

1、2、と観たら3も観なきゃ!って事で行ってきた(^-^)


 


ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ主演で、地球に生息する異星人を監視する極秘組織「MIB」のエージョントの活躍を描く人気SFアクションコメディのシリーズ第3作。




 
MIBのエージェントJは、コンビを組むKが単独で事件を追っていることを不審に思い問いただすが、Kは全く取り合わない。
翌日、不信感を募らせたJはKを探すが、どこを探してもKの姿が見当たらない。
さらにMIBの上司からは、「Kは40年前に亡くなった」という理解不能な発言が飛び出す……。
過去が書き換えられていることに気がつき、謎を解明するためJは40年前にタイムスリップする。



若き日のKに扮するのはジョシュ・ブローリン。
前2作から引き続きスティーブン・スピルバーグ製作総指揮のもと、バリー・ソネンフェルド監督がメガホンをとった。

-----

3Dで観たんだけど、結構奥行きのある映像で面白かった(^-^)
内容は、まぁ〜相変わらずって感じで展開が早く飽きずに観ることができる映画。

ちなみに今回の敵(?)はコレ↓



なんか、アニメに出てきそうな風貌。
極悪非道っぽく扱われてるけど、その割には…って感じっすねwww

肩の力抜いて観れる映画で楽しめました〜♪


メン・イン・ブラック3


++BGM:サイダー(music by ザ・クロマニヨンズ)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダーク・シャドウ
JUGEMテーマ:映画


行くか行かないか…で悩んでた映画。
やっぱ行こう!って事でレイトショーに足を運んできた(^-^)


1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(70)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを、ティム・バートンとジョニー・デップが8度目のタッグで新たに映画化。



1752年、裕福なコリンズ家に生まれ育ったプレイボーイのバーバナスは、魔女アンジェリークの手により不死のバンパイアにされ、生き埋めにされてしまう。
2世紀を経た1972年、工事により掘り返されたお陰でバーバナスは自身の墓から解放されるが、200年が過ぎたコリンズ家はすっかり落ちぶれ、末裔たちは誰もが暗く不可解な秘密を抱えて生きていた……。



バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すのだが、彼をバンパイアに変えた魔女が立ちはだかる…。





-----

この映画ってもともとはドラマだったんだね。知らなかった…
ってか、予備知識をいれずに観にいったから、あとで知って「そうなんだ〜」ってなってるw


ティム・バートンらしい、色彩。暗い色合いって言えばわかりやすいかな?
その状態で物語が進んでいくんだけど相変わらずテンポがよく飽きずに最後まで見れた。
まぁ〜いろいろ詰め込んでる感は否めないけど内容はちゃんとわかるし問題なし。

って言うか…


アリス・クーパーが出てた!!!


いろんな意味でビックリΣヽ(`д´;)ノ
1972年代ってこんな時代なんだ〜って思いながら見てたら本人登場って何これって思ったよw
あと、ヒッピーって言うんだっけ?流行ってたんだなぁ〜って思ったよ。


しかしジョニー・デップって相変わらず独特な雰囲気出すのが上手いよね(^-^)


ダーク・シャドウ


++BGM:Into Free -Dangan-(music by B'z)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイタンの逆襲
JUGEMテーマ:映画
 

タイタンの戦いの続編『タイタンの逆襲』を観てきたぜぃ(^-^)v



サム・ワーシントン主演でギリシャ神話の英雄ペルセウスの活躍を描いた3Dアクション「タイタンの戦い」(2010)の続編。
怪物クラーケンを打ち破ってから10年。神々の長ゼウスと人間の間に生まれたデミゴッド(半神半人)のペルセウスは、人間の漁師として息子のヘレイオスとともに静かな生活を送っていた。
一方、人間からの崇拝が薄れたことで神々の力が弱まり、冥界に封じられていた巨神クロノスが目覚め始める。
クロノスを鎮めようとしたゼウスは、ハデスと息子アレスの裏切りにより捕らわれてしまう。
ペルセウスは愛する息子を守り、捕らわれたゼウスを救うため再び立ち上がり、同じ半神のアゲノールやアンドロメダとともにクロノスが眠る「タイタロスの牢獄」を目指す。



前作に比べ全体的に完成度が上がっていたと思う。
なんて言うか…ストーリーに一貫性があり、見ていてドンドン引き込まれていくしギリシャ神話らしい内容だったと思う。
まぁ〜相変わらずの父子の愛(親子愛?)が中心だったような気がするけどねw

実は前作はあまり納得いかない映画だったんだよね。
でも今回は素直に面白かった。
普段映画では登場しない髪も出てきたしね♪

さて、次はなんの映画を観ようかな?


タイタンの逆襲


++BGM:GLAMOROUS(music by BUCK-TICK)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
バトルシップ
JUGEMテーマ:映画

バトルシップ観に行ってきた

 

太平洋上に出現したエイリアンの侵略部隊と世界連合艦隊の壮絶な戦いを未曾有のスケールで描く。『スティング』『E.T.』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』といった映画史に残るヒット作を送り出してきたユニバーサル映画が100周年を記念して放つアニバーサリー大作。



『マイティ・ソー』でハリウッドに進出した浅野忠信が主役級の役どころで出演




ハワイ沖。
アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるなか、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。
それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。
しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。
その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。
弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。
果たしてエイリアンの攻撃の目的は何なのか。アレックスとナガタはそれを阻止することができるのか。
そして、彼らは地球を壊滅の危機から救うことができるのだろうか……。




本作では悩めるアレックスを補佐するナガタの存在が大きく、準主役の扱いにちょっとビックリ。
力強さとナイーブさ(ちょっと不良)の両面を演じ分けたアレックス役のテイラー・キッチュ。
日本伝統の海軍魂を見せ付け、動じようとしない気骨あるナガタを演じた浅野忠信。
この2人の存在がなかなか良かったよ。



ただねぇ〜


最初の方は一瞬『映画間違えた?』って内容でしかも、このシーン…TVで見たことあるぞってちょっと記憶の引き出し開けちまったよw
やっと本編始まったぜぃって思って見てたんだけど、ナガタの発案する方法が昔のゲームにあったもんだったりで、なんとも笑えた。



突っ込みどころ満載な映画ではあったけど不思議と駄作とは感じない。
リアルな人の死ぬシーンもなかったしこれなら小・中学生でも十分見れる。

個人的には楽しめた映画だったよ(^-^)v

ちなみに、この映画もエンドクレジット後にちょっとストーリーがあるので速攻席を立った人は残念だったと思うwww
このストーリー…もしかして続編でもあるのか?って思う内容だったからさ。
これから見る人は是非最後まで席を立たずに最後まで見ましょう〜(´∀`*)


バトルシップ


++BGM:未来世界(music by L'Arc〜en〜Ciel)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン
JUGEMテーマ:映画
 
甥っ子連れて観てきたよ『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』




ゴーカイジャーの前に宇宙刑事ギャバンが現れる。
海賊行為の罪を着せ逮捕しようとするギャバンにゴーカイジャーは立ち向かうが、圧倒的な力で全員捕らわれ、銀河宇宙警察へ引き渡されてしまう。




しかし、これはギャバンの作戦だった。
ゴーカイジャーの逮捕に疑問を感じていたギャバンは、宇宙警察のトップがザンギャックに操られているのではと考え、敵をおびき出すために敢えてゴーカイジャーを逮捕したのだった。
だが逆にザンギャックと宇宙警察が作り上げた最強の戦士・ギャバンブートレグに襲われ、ギャバンは宇宙最悪の刑務所・魔空監獄へ送り込まれてしまう。





ゴーカイジャーたちは、突入したら二度と戻れない可能性のある魔空空間へ、ギャバンを救出に行く決意をする。
宇宙海賊たちは、魔空監獄からギャバンを助け出すことができるだろうか?






短めの映画だったので映画代が少し安かったw

それはさておき、甥っ子にとってギャバンってのは初めてみるヒーローだけに映画中


『ギャバン強いの?』

『ギャバンってゴーカイジャーより強いの?』



ってうるさいうるさいw

とりあえず、『1人で戦えるから強いよ』って答えておいたんだけど…


『でも、ギャバン…おっちゃんや』


って、納得いかない風で笑っちまった。

そりゃぁ〜仕方ないっしょw



しかし、昔見たギャバンが平成になって輝くスーツで復活するとはねぇ〜

宇宙刑事シリーズ好きだったから驚きだよ。

しかも、この映画ゴーカイジャーの存在の薄いことw

ギャバンメインの映画なんでゴーカイジャーをあまり知らなくても見れる気がする(^-^;



それにしても、大葉健二さん…(ギャバン/一条寺烈・バトルケニア/曙四郎・デンジブルー/青梅大五郎) と3役こなしてる姿を見ると時代を感じてしまったよ。


海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン公式サイトはコチラ


++BGM:宇宙刑事ギャバン(music by 串田アキラ)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX
JUGEMテーマ:映画

 
朝から甥っ子連れて行ってきたよ〜♪





1971年に誕生し、2011年に生誕40周年を迎えた仮面ライダー。
アニバーサリーを華麗に締め括るのが本作。
世界征服を企む史上最大の敵に、フォーゼ、オーズ、そして歴代ライダーたち、さらにはこの映画でデビューを飾る多彩な新ライダーたちが、力を合わせて立ち向かう。
大地で、大海原で、大宇宙で繰り広げられるスーパーバトルは、まさに史上最大、“MEGA MAX”。

監督&アクション監督を務めるのは、『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』やVシネマ『仮面ライダーW RETURNS』で、その手腕を存分に発揮した俊英・坂本浩一。





五部構成で、世界征服を企む謎の財団と、フォーゼ&オーズをはじめとする仮面ライダー軍団との壮大な激闘を描く。

第一章 幕開け
世界中に宇宙からの隕石群が落下する。
その隕石には、謎の物質・SOLUが付着していた。
恐るべきプロジェクトを進めている財団Xと7人ライダーが、その物質をめぐり激しい争奪戦を繰り広げるが、SOLUは財団Xの手に落ちる。

第二章 仮面ライダーオーズ
隕石によって時空が歪み、現在と40年後の世界がつながってしまう。
40年後から、未来のコアメダルを持った仮面ライダーポセイドンがやって来る。
ポセイドンは何より戦いを好み、この時代のライダーであるオーズとバースを倒そうとしていた。
ポセイドンは、放浪の旅から帰国したオーズ=火野映司(渡部秀)を襲撃する。
そのとき、かつての戦いで消滅したはずのアンク(三浦涼介)が出現する。

第三章 風都 暗躍する陰謀
風都で財団Xと遭遇した左翔太郎(桐山漣)は、その目的を探る。
一方、財団の秘密空港を突き止めた7人ライダーは、幹部のレム・カンナギを追いつめる。
しかし、そこには予測できない罠があった。

第四章 仮面ライダーフォーゼ
天ノ川学園高校では文化祭が行われていた。
そこへ突然、空から可憐な女子高生・美咲撫子(真野恵里菜)が降ってくる。
如月弦太朗(福士蒼汰)は彼女に一目惚れするが、撫子はなぜかゾディアーツに追われていた。
撫子を守るために弦太朗はフォーゼに変身するが、撫子も仮面ライダーなでしこに変身する。
実は、撫子には一連の事件の真相へとつながる謎が秘められていた。

第五章 MOVIE大戦 MEGA MAX
フォーゼ、オーズ、Wが追っていた敵の計画の全貌と目的が明らかになった。
仮面ライダーは力を合わせ戦うが、ゾディアーツ、グリード、ドーパントの大軍団が現れる。
敵の大攻勢を受け、フォーゼたちはピンチに陥る。





さて、5部構成になってたわけだが…40周年映画の中で1番良かったんじゃないかな?
多少難ありってのはオーズのとこだけかな?詰め込みすぎはようないよ、うん。

ってか、映司のヒゲが気になるし、なんか疲れたような顔だったのが…(^_^;)
あと、Wのフィリップが…太ったのかガッチリになったのかって感じだったねw

会場では、やっぱ昭和ライダーの人気ぶりにビックリ。
各ライダーに見せ場があったのがよかったのか、映画館内で興奮状態になるお子様が多数いたよw
歌もしっかり歌っててなんか賑やかな映画館だったなぁ〜
連れてきた親たちは静かにさせるのに必死だったみたいだけどねw


全体的によくまとまってたし、大人数出てたわりには見せ場も作ってて良かったよ。



個人的にはフォーゼの弦太朗が『全てのライダーと友達になる』って言ったら、すかさずアマゾンが『ともだち』って反応してて思わず笑ってしまった。
だって、今CSでアマゾンやてって、ために観たりしてるから余計にさ( ̄▽ ̄;)

甥っ子も新しいライダーの登場で((o(^∇^)o))わくわくできたみたいだし良かった良かったwww


仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX


++BGM:SAMURAI STRONG STYLE(music by 綾小路翔VSマーティ・フリードマン)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
インモータルズ-神々の戦い-
JUGEMテーマ:映画

ギリシャ神話が好きな珂月はこのタイトルだけで観に行く事決定w
 
-----

人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。
戦いは光の神が勝利し、闇の神は奈落の奥底に封印された。



時は流れ、古代ギリシアの時代。

闇の力を手に入れ、世界を支配しようと野望を抱くハイペリオン(ミッキー・ローク)が人類に対し宣戦布告。




光の神が造った武器の一つであり、闇の神を解放するための重要なカギ“エピロスの弓”を捜し求めるハイペリオンは、軍隊を結集してギリシアの地を侵攻していく。
弓がハイペリオンの手に落ちれば闇の神は復活し、人類の破滅も免れない。



ハイペリオンの野望を阻止すべく、光の神の頂点に立つゼウス(ルーク・エヴァンス)が選び出したのは、自らが鍛え上げた人間、テセウス(ヘンリー・カヴィル)だった……。



-----

300のスタッフだから、内容はあまり期待してなくて映像美を観に行ったようなもんだけど…
内容はほんと、微妙だったなぁ〜(^_^;)
神々って言うわりには

全能紳ゼウス
太陽神アポロン
海神ポセイドン
軍神アレス
女神アテネ



工エエェ工エエェ(゚Д゚(゚Д゚)゚Д゚)ェエエ工ェエエ工


もっと出ないの?たったこれだけなの?


そりゃないよぉ〜〜〜щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!


ってガッカリしちゃいましたよ(-д-;)


でも、映像美はさすがです。
これは映画館で観ないともったいないよね〜♪って感じw

そうそう、惨殺シーンが多いのでそう言うのが嫌いな人には向いてない映画かな?
ほんと、痛そうなシーンいっぱいあったもんなぁ〜( ̄Д ̄;;


インモータルズ-神々の戦い-公式サイトはコチラ


++BGM:Place to Try(music by TOTALFAT)++
珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
JUGEMテーマ:映画

ちょっと遅くなったけど観てきました。
『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

17世紀フランス。銃士になる事を目指し、田舎からパリへと出て来た18歳のダルタニアンは、偶然に憧れの三銃士アトス、ポルトス、アラミスと知り合う。
国王・ルイ13世から宮殿に呼ばれたダルタニアンと三銃士は、そこで英仏の和平交渉にやって来た英国のバッキンガム公爵と美女・ミレディと会う。
その頃、ルイ13世に不満を持つリシュリュー枢機卿は、王妃を巡る陰謀を企み、二重スパイのミレディに王妃の首飾りを盗み出させていた…。



ダ・ヴィンチが設計した飛行船が実際に作られていた…という設定で、地上での剣劇、空中での砲撃戦など、派手なアクションが繰り広げられるエンターテインメント作品となっている。




ダルタニアンを演じるのは、撮影当時実際に18歳だったローガン・ラーマン。
若さあふれる演技で、シブい大人の三銃士たちとの好対照を見せる。
ミレディを演じたミラ・ジョヴォヴィッチ、バッキンガム公爵を演じたオーランド・ブルームら、悪役陣も皆魅力的で、オールキャストでの続編も期待される。



監督は「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン。



-----

なんて言うか・・・


単純明快で面白い!


ほんと、ストーリーは普通。
よくある設定なんだけど、スピード感があるので楽しい(*^_^*)
映像的にも綺麗だったしね♪

とりあえず、悪役たちは生きてるので続編を楽しみにしておこう。



三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船公式サイトはコチラ


++BGM:My Road(music by 平原綾香)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
猿の惑星 創世記(ジェネシス)
JUGEMテーマ:映画
 
観てきた映画は『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』
過去の映画はある程度、WOWOWとかで見たんで興味あったんだよね(*^_^*)





ストーリー
サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィル(ジェームズ・フランコ)が実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能が示された。
そのチンパンジーには開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたが、突如暴れ出し警備員に射殺されてしまう。
だがそのチンパンジーは妊娠しており、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊猿を自宅に連れ帰り“シーザー”と名付けて育てることにする。

3年後、ウィルのもとですくすくと育ったシーザー。
ウィルとシーザーとの間には強い絆が生まれており、同時に母親のチンパンジーの特殊な遺伝子を受け継いだ彼は、類いまれな“知性”を発揮し始めていく。
新薬が脳を活性化させる効果を確信したウィルは、研究所から持ち出したその薬をアルツハイマー病の父・チャールズに投与すると翌朝、彼はそれまで悪化していた病状が嘘のように生気を取り戻す。

しかし、それから5年後。
父は再び症状悪化の兆候を示し、隣人とのトラブルを引き起こす。
その様子を屋根裏部屋から目撃したシーザーは、チャ−ルズを助けようとしてその隣人を傷つけてしまい、霊長類保護施設に入れられる。



檻に閉ざされた施設で、シーザーを待ち受けていたのは飼育長の陰湿な虐待だった。

なかなか施設内の猿のコミュニティに溶け込めずにいたシーザーは、チンパンジーの群れを率いるボスとの争いに勝利を収め全ての猿たちをひとつのグループにまとめ上げていく・・・




人間が猿に支配されるという斬新な世界観と、衝撃的なラスト・シーンが未だ色褪せない1968年の名作『猿の惑星』。
本作は現代のアメリカを舞台に、なぜ人類の文明が崩壊し、高度な知性を持つ猿が誕生したのかという“起源“を描き出す。『アバター』を手がけたWETAデジタル社の視覚効果が、奥深いテーマ性を秘めた物語をリアルに盛り上げる。

-----

内容的にはシッカリしてて突っ込みいれなくてすんだけどチンパンジーとかはCGなわけで、しかも理性のある瞳が不思議な感じw
だけど、すごいよねぇ〜CGであそこまでできるなんてビックリだ。


公式サイトはコチラ


++BGM:ピルグリム(music by B'z)++


珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界侵略:ロサンゼルス決戦
JUGEMテーマ:映画

 
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観てきた。

延期になってたので楽しみにしてた映画。
結構、面白かったよ(*^_^*)




ストーリー
1942年、米ロサンゼルス上空に未確認飛行物体(UFO)の編隊が出現し、空軍が対空砲火を行うも撃墜は失敗。それ以降、世界各国で不気味な円盤の目撃情報が相次ぐ。そして2011年、ついに宇宙からの地球侵略が開始される。人類最後の砦(とりで)となったロサンゼルスを舞台に、エイリアンの侵略に立ち向かう米海兵隊員たちの戦いを描くSFアクション。


若きエリートのマルチネス少尉率いる海兵隊員。
小隊は5人の逃げ遅れた民間人救出のために警察署へと向かう・・・




出だしから終わりまで戦闘シーンの連続。
正直SF映画を観てると言うより戦争映画を観てる気分w
SFアクション映画のストーリーとしては、スケールが小さいんだけど、ドキュメンタリーっぽくリアル性を感じるのが良かった( ̄m ̄* )
ただ、海兵隊賛歌的な収束のさせ方が『やっぱり、そうもっていくか…』って思ってしまったのは否めない。
が、ここまで派手にやったら『まっ!いいか!』ってなっちまったよwww





最近、甥っ子連れての特撮系ばっかりだったので久しぶりに普通の映画観た気がするw
やっぱ迫力とか違うよねぇ〜(*^_^*)


世界侵略:ロサンゼルス決戦 公式サイトはコチラ


++BGM:約束(music by ET-KING)++

珂月 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/5PAGES / >>